2015年 4月 の投稿一覧

バイナリーオプション業者のおすすめ

バイナリーオプションを始めるにあたって一番最初にぶつかる壁はやはり口座の開発があげられるのではないでしょうか。国内、海外とありますしそれぞれメリットデメリットもありますので注意が必要です。また口座によって投資方法が少し違ったりします。そうは言われても選択肢が多すぎて選べないって言う方が殆んどではなかろうかと思います。ただ幸か不幸か国内の業者に関していえばお勧めできる業者は少ないといった状態です。何故か?2013年に日本国内で業界自主規制が生まれました。どういった規制生まれたのか。いろいろありますが一番でかいのは取引期間の延長です。今までは取引開始から5分後に円高、円安かで予想しておりました。がその時間を2時間に延長。新ルール適用で初心者が無暗に投資できないようになりました。バイナリーオプション必勝法という話とは関係ないですが、ギャンブル性と投機性が薄まったと言えましょう。また過去のルールではレンジ外つまりスタートレートとエンドレートのが同じ値になった場合親業者が総取りしてましたがそれはあんまりだということでユーザーに全額返ってくるようになりました。これにより各業者は悲鳴をあげたようです。現行『GMOクリック証券』の一人勝ち状態になってるようです。というわけで国内業者に関してはGMOクリック証券一点で問題ないかと思います。あとは複数の海外の業者で口座を開設した方がいいです。やはり大事な軍資金です。複数に分散させたほうがリスク管理しやすそうです。海外の業者と言うとちょっと取っ付きにくい面もあるかと思いますが日本人が経営してる日本語のサイトもあるので安心して下さい。また日本国内の規制がないところも魅力的ですね。実際2013年の規制により多くのユーザーが海外の業者に目を向けるようになりました。まあ焦らずにじっくり自分にあった業者を探して選んでください。いろんなサイトでおすすめのバイナリーオプション業者の紹介が載っていますので。ぜひチェックしてみてください。とにかく考えなしで始めるのは危険です。

若者がアルバイトをする事の是非

テレビ的にはフリーターと呼ぶ事が増えている様だが、若者達は昔も今もアルバイトに精を出しているようだ。正直言って安い時給なのに、その金額以上の事をやってくれるのだから企業側としてこれほどありがたい存在も無いだろう。極端な言い方かもしれないが、今の日本の経済を支えているのは彼ら若者たちなのではないだろうか。

だが、その様な活躍が素晴らしい一方で、彼らの収入がそれに見合っていないと主張する専門家も存在する。正社員をどんどん減らし、代わりとしてアルバイトを増やして行った理由はやはり経営の効率化以外には無いだろう。もっと単純な言い方をすると儲かると思ったからという事に尽きる。

それでも彼らが何とかやっていけるのは実家に住んでいる割合が高いという事と、今はまだ若い事が大きいのではないだろうか。1人暮らしをしてみると分かるが、例えばネット副業などで副収入を得ている場合を除いて、給料のかなりを家賃などに持って行かれてしまって大抵がお金に余裕がない。だが実家暮らしならば生活費の事は気にする必要がないため、稼いだ金額を丸ごと遊びに使えるケースもある。

さらに若いという事は、今は厳しいかもしれないけれど将来はそんな事は無いだろう。だから、今は我慢の時期だと割り切って仕事をしやすい。現実にも昔は年々人々の給料は上がって行ったからそれで間違いでは無かったが、いまは経済成長も鈍化したので劇的な収入増は見込めなくなって来ている。

若い人はアルバイトをするという流れがあるが、あまり企業にとって都合のいい人間にならない方が良いだろう。アルバイトを雇って得をしているのは自分では無く雇用者サイドなのである。そこにいる時間が長ければ長い程、あなたは会社に貢献している事になってしまう。

良い事じゃないかと言われそうだが、あなたの人生は会社の物ではない事を確認して欲しい。自分は本当にこんなアルバイトをし続けたいと考えているのか、自分に問うべきなのだ。1つの経験としてなら構わないが、長々とアルバイトをするのはやめておいた方が良いだろう。

我が家のパソコン

僕はつい最近まで2000年位に買ってもらったWINDOWS MEっていうパソコンを使ってました。とっくの昔にMEはサポートサービス終了してますし化石したパソコンだといえるでしょう。当然インターネットに繋げるのはリスクが高すぎるのでパソコンでインターネットすることは無くなりました。スマートフォンがあったのでネットだけならパソコンなくても十分事足りますしながらくパソコンとは疎遠になりました。そんな自分がついに2015年にMACBOOKPROを購入したんです。これは一種の革命ですね(笑)なんでこの家電原始人がパソコンを購入したのか、しかもハイスペックなパソコンですし値段も10万強しますし。理由はパソコンのスキルを付けたかったていう単純な理由です。今の時代パソコン技術は必須。そんなフレーズは今31歳ですが自分が中学生位の時から聞かされてきました。しかし正直あまりピンとこなかったですし自分には必要ないとさえ思ってました。パソコン=秀才っていう短絡的このなイメージがどうも拭えなかったんです。そのまま今の年まできてしまいました。哀れです(笑)しかしこのご時世パソコンスキルはどの職場でも必要です。さすがに危機感が生まれました。求人広告を見てみたら一目瞭然です。エクセル、ワード、パワーポイントはどの会社でも求められてますし社会人の必須スキルともいえます。それとは別にネット構築の知識やプログラミングもできたらいいですよね。少し欲張り過ぎたかもしれませんが。これらの知識はネット副業をするときでも役に立ちます。例えばアフィリエイトを始めるにしても無料ドメインを使ってサイトを作るよりサイト構築の知識、HTMLやCSS、イラストレーターやフォトショップの知識があれば独自ドメインでいちから自分の好きなようにサイトを作ることがかのうです。やれることが単純に増えれば嬉しいですよね。なかなか覚えるの大変そうですけどね。しかし未来の自分への投資だと思えれば頑張れそうですよね。今の時代本業以外の副収入源を確保するのは必要不可欠ですからね。

youtuberとは

いまはインターネットの発達によりさまざまなお金の稼ぎ方が増えてきました。本業とは別にネットを通じてネット副業という形で収入を得てるひとは沢山います。その中のひとつにyoutuberがあげられます。いまあらゆるメディアで取り上げられているので知ってる方っもたくさんいるでしょう。youtubeはみなさんご存知ですよね。動画サイトとしてはトップに君臨してますよね。私も毎日にようにチェックしてますしスマホ利用の内訳を見たら60%をしめてます。昔せっせとVHSで録画していたバラエティー番組の動画がアップされていたりすると感動しますよね。好きな音楽もたいがい探せばありますし。そんなyoutubeを利用したビジネスをしてるのがyoutuberなんです。youtubeが再生されることで得られる広告収入を収入源にしているのがyoutuberです。今現在日本にどの位youtuberがいるか分りませんがこれだけで生計を立ててる人はほんのひとにぎりで数十人だとの事です。hikakinとかは有名ですよね。彼は年収1億超えてるようです。うらやましいですね。夢のある職業ではあるかと思いますがこれを目指すのはなかなか難しそうです。やっぱり先駆者には敵わないところがあります。みなさんhikakin目指して工夫して動画をアップしますが動画再生100回を超えるのも至難の業でしょう。最近だと動画再生を稼ぎたいがためにコンビニの商品に爪楊枝をしのばせた人がいて日本中に物議を生みました。開かれた市場なだけに個人個人のモラルに委ねられる部分が大きいのがインターネットの怖いところではあると思います。ネット副業としては勿論やってみる価値は充分あるかと思います。戦略次第では一攫千金も夢ではないでしょう。自分だったらどうするかふと考えてみましたがあまりいいアイディアが浮かびませんが(笑)外国の人でもわかるように字幕つけるのもてですよね。かなりアイディアが出尽くした市場ではありますが可能性をもとめて高額youtuberを目指すのもいいでしょう。

さまざまなアルバイト

アルバイトの求人サイトを見るとさまざまな仕事がありますね。日々求人は増えて求職者にはありがたい反面仕事を選ぶのも一苦労かと思います。しかも求人サイトもたくさんありますし、今以上増えることもあります。そういったこともあり求職者は自分は今どういった仕事をやりたいのか常に明確にしていかないといけません。通勤時間や交通費が気になるのでしたら最寄の駅周辺に絞るのもいいでしょう。通勤時間1時間もかかるとやはり毎日億劫になるかとおもいます。給料で仕事を選ぶ人もいるかとおもいます。時給は何円以上で何時間働けるのか。時給が1000円以上でも5時間しか働けないなんてこともあるので注意が必要ですね。あと極端に時給が高いのはちょっと怖いですよね。なんか裏がありそうです。用心に越したことはないですね。また将来自分がどうなりたいのかで決めることも重要ですね。もし学生ならバイト経験は非常に大事になってきます。なぜなら就職活動中、面接で必ず問われるからです。もし明確な将来のビジョンがあるならそれにそったバイト選びは大事になります。バイトの選択理由は様々かと思います。なにが正しくてなにがいけないというのはありません。でも自分のやりたいことがはっきり明確にある人は強いなと思います。迷いがないというのは素晴らしいですよね。学生の方は特に早めに何がやりたいか常に自分に問いかける事をしといたほうがいいかもしれません。いまはインターン制度なども充実してますし。そうは言ってもまだ自分のやりたいことなんてまだ分からないなんて方も沢山いるでしょう。そんなかたは重く考えずなんでもいいからアルバイトするのもでしょう。仕事を通じ得ることはたくさんありますし、新たな自分の側面を発見することも当然あります。仕事をするなかで人と接するのが好き、苦手とか体を動かすのが好き、苦手とか賑やかな職場が好き、苦手いろいろ見えてくるかと思います。そういった経験はかならず人生設計において役立つでしょう。

お金儲けを考える

今日もまたお金儲けをする方法を考えています。お金儲けをするために、本を書くなんていうのはどうだろう。ほら、最近、お笑いの人が本を書いて、かなりの売れ行きを見せてるじゃない。あんなふうに、自分も本を書いてみるのはどうだろう。本があたればお金儲けをできるでしょ。その本が映画化されて、ドラマ化されたりすれば、さらにお金儲けになるんじゃない?って、お金儲けできるわけがないじゃない。だってそんな才能がないんだから。本なんて書けるわけないじゃん。作家さんのことをなめてるよね。そんな簡単にベストセラーが書けるわけないでしょ。じゃあ、お金儲けをするにはどうしたらいいんだろう。最近よくあるのは、ユーチューバーだよね。あれってお金儲けできるんでしょ。動画なら本を書くほどの才能は必要ないんじゃない?でも無理か。そんな面白い動画を作ることなんてできるわけがない。そもそも、アップロードをしたこともないし、動画を撮影したことだって、携帯でしかしたことないよ。でも、携帯で撮影した動画でもユーチューバーにはなれるんだろうね。面白い動画を作れるかどうかなのか。そう言えば、自称なんとかっていうユーチューバーが逮捕されていたよね。逮捕された瞬間を自分で動画撮影したわけで、それが一番の傑作にでもなったという感じなのかもね。もしかしたら、その動画でお金儲けをできているんだろうか。そんなこと公共の福祉に反すると思うんだけどな。金は天下の回りものなんて言うけど、私のところには回ってこないんだよな。あっ、ビッグとかトトはどう?宝くじとかなら、お金がなくても億万長者になれるよね。でも当たるわけないよね、これも。ずっと買い続けていればそのうち当たるってものでもないわけで、いくら買っても当たらないもんね。お金儲けをするには、いったいどうしたらいいんだろう。この質問をヤフー知恵袋に質問したらいい答えが出るんだろうか。出るわけないよね。