サラリーマンの方で副業をしたい、と思われている方はいらっしゃると思います。自分の月収以外にもお小遣いとして副業代が月数万円あれば趣味にお金を使ったり貯蓄に使ったりできますもんね。しかしサラリーマンの方が副業をしようすれば注意しなければならない点もいくつかあります。まず前提として、副業は必ず会社にばれないように行う事です。サラリーマンで副業を始めた方の中には副業がばれたことが元で会社を退職することになり、基本となるサラリーマンの月収をも失うことになります。これではお小遣いどころではありません。特に以下の三点には気をつけて副業を続けたいものです。

①就業規則をチェックする
会社にはそれぞれ「就業規則」というものが存在しています。公務員は副業が禁止されている、ということは有名かと思いますがサラリーマンですとどうなのでしょうか。先程述べた「就業規則」には副業の事も明記されている場合が殆どでこの就業規則に副業禁止と書かれていれば副業することはできないということになります。しかしこれは会社のルールとして存在しているだけで、上司などに相談することによって個別に許可を出してくれる場合もありますのでよほど深刻に収入が足りない場合などは相談してみるのも手かと思います。

②上司や同僚の顔色は常にチェックする
就業規則で副業が禁止されていなければ何をしてもいいというわけではありません。副業をすることによってあまり良い顔をしない上司はいらっしゃいます。副業を禁止していないからといって好き勝手していると何かと理由をつけて退職させられてしまう事にもなりかねません。

③確定申告について
確定申告によってばれる事もあります。副業によって収入を得るということはそれだけ収入が増加し、支払う年金も高くなってしまうということです。
支払っている税金を見た方が「年収が同じ筈なのになぜ税金がこんなに違うのか…?」と疑問に思った事からばれてしまう、という事もあるのです。

サラリーマンでこれから副業を始めようとされている方は以上の三点に注意してください。「自分は大丈夫だ」と思わない事が大切ですので常に気をつけるよう心がけて下さい。