自宅で出来る仕事はものすごく助かる!

自宅で出来る仕事は本当に助かります。とくに「子育て中のお母さん」にとって、自宅で出来る仕事は本当に貴重であり、そして精神的にも助かるのですよね。なぜなら、息抜きになりますから。

もう少し詳細を言いますと、私は現在1歳と3歳の子どもを育てながら、データ入力の在宅ワークをしています。まさに「自宅で出来る仕事」ですよね。なおかつ場所もとらないので助かります。

それこそひと昔前、呼び方は「在宅ワーク」ではなく「内職」と呼ばれている時代でしたら、自宅で出来る仕事をするにしても、そこそこのスペースが必要なものだったでしょう。

たとえば「小さい箱を作る」という内職にしても、「お皿にシールを貼る」という内職にしても、ザザーッと広げて作業をする必要がありました。それこそ私の母の時代でしたら一部屋を使って内職作業をしていましたから。

しかし今ではパソコン一台があれば、すぐにでも内職ができてしまうのですから、本当に助かりますよね。私が行なっているデータ入力の在宅ワークにしましても、ノートパソコンで行なっていますので、後は書類を広げるスペースがあれば済む話です。

データ入力のアルバイトは、机ひとつあれば自宅で出来る仕事ですから。そしてなおかつ、自分のちょっとした時間を使って作業を行うことができますからね。

ですから今のこの状況に適しているのです。未就園児の子ども二人を抱えて、いつおっぱいだトイレだねんねだ、いつ「ママ、絵本呼んでー」となるかも知れない状況において、すぐに始められてすぐに辞めることができる在宅ワークは貴重ですね。

だって自分のスケジュールに合わせて仕事ができるのですから。なおかつ、作業報酬だってそれほどまでには悪くないというものですから。外にアルバイトに出ることができない、今このような状況において、貴重なわが家の収入源となっています。

いやもうひと月に数万円あるかないかでは、結構心の余裕だって違ってきますからね。在宅ワークを始める以前でしたら、やっぱりお金の余裕のなさが気持ちの余裕のなさへと繋がり、カリカリとしていたところも否定はできません。

お金だってないものですからね。ですから「あー!もう!早く働きに出たい!」とことあるごとに言っていました。実際問題、そうやすやすと外に働きに出られる環境にないのですけれど。預け先だってないものですし。

けれども今は、たとえデータ入力という簡単作業とはいえ、「私、労働している」という実感を持てて、それが充実感へとつながっていますね。ですからリフレッシュにもなっています。そして収入もサポートしてくれるという、良い循環となっています。

SNSでもご購読できます。